ホームステイ(ビジネス目的でホストを引き受けるホストファミリーもあるのだとか)は、外国の文化や習慣、考え方などを学び、見聞を広げたり、人間性を養ったりする為にはとても良いですね。でも、ホームステイ(受け入れ先であるホストによって、どんな経験をするかは変わってくるものです)でもっとも気になるのは、言葉(同じことでも言う人によって、また、聞く人によってかなり受け取られ方が畭なるものです)の問題になります。ホームステイ(受け入れ先であるホストによって、どんな経験をするかは変わってくるものです)で多いのは、英語(6年以上もやってなんでしゃべれないんでしょう)圏へのホームステイ(あまり過度な期待をしすぎるとがっかりするかもしれません)そうはいっても、その際、英会話(どうしても苦手だという方も少なくないですよね。コンプレックスを抱いている方もけっこういます)は必要なのでしょうか。どんなホームステイ(ビジネス目的でホストを引き受けるホストファミリーもあるのだとか)をどのくらいするのかにもよるでしょうが、まったく英語(昔、家でのドリッピーをやってました)が分からずホームステイ(ビジネス目的でホストを引き受けるホストファミリーもあるのだとか)することは、ホストファミリー(受け入れる留学生の出身国の文化をある程度は学んでおいた方がいいかもしれません)にとっても大変です。それは、自分の元にまったく言葉が通じない人が寝泊りするように想像したらわかりますよね。では、どのくらい英語(楽天では社内の公用語になるらしいです)ができればよいのか。1週間くらいのホームステイ(受け入れ先であるホストによって、どんな経験をするかは変わってくるものです)なら、挨拶がしっかり可能な程度の英語(楽天では社内の公用語になるらしいです)でも問題はないのです。当り前ですが、より英語(最近は小学校でも授業があるらしいですね)が出来たほうが、充実したホームステイ(あまり過度な期待をしすぎるとがっかりするかもしれません)生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)を送ることができるのは言うまでもないでしょうが。一方、1ヵ月以上のホームステイ(ビジネス目的でホストを引き受けるホストファミリーもあるのだとか)を行う事は、高校卒業程度の英語(最近は小学校でも授業があるらしいですね)力、英検でいけば2級程度の英語(最近は小学校でも授業があるらしいですね)力があればOK。このくらいの英語(6年以上もやってなんでしゃべれないんでしょう)力があれば、日々の暮らしでそんなに不自由(自分ですることの責任をとれることをいうのかもしれませんね)する事はありません。また、英会話(年配の方が流暢に話していると、ものすごくかっこいいですよね)が可能でなくも、日々の生活に必要な単語(効率よく覚えるためにはそれなりのコツがありますよね)を知っていれば、それらを並べるだけでもそこそこ会話は通じます。ホームステイで一番やってはいけないのは、理解出来ていないのに、わかったような返事をする事。これを繰り返してしまっていると、後になって大きな問題に発展することも。質問に対しては、イエス、ノーをはっきりと言うところも、これが重要なんです。判らないときは、くりかえし聞くか、紙に書いてもらうなどする事によって、あいまいな返答はしないようにしてくださいー